Welcome to my blog

のん

のん

 中学2年の男子生徒(13)が電車にひかれて死亡。

ノートにいじめを受けていたとの記述が見つかった。




 このニュースを見て何とも言いがたいもどかしさというか・・・何かが胸にこみ上げてきた。
いじめで自殺をするケースがここ数年取り上げられるケースが増え ニュースでも目にする機会が増えてから
学校でも「いじめを見つけたらすぐ先生に言うように」とプリントを配布したり
 「いじめはどういうものでどう感じるのか」など 子供達が考えていく授業をやっている所も増えているだろう。
うちの子が通っている学校でも小学5年生の時にそういった授業をやっていた。
いじめる側といじめられる側と別れて どういった感情になるか・・・などを経験していくという授業だ。
いじめがどれほど良く無い事か いじめられている子はどういう感情になるのか。 
まぁ考えたって思いつく事といえば 「悲しい」「イヤだ」くらいなんだろうけど、実際体験してみると違う感情も出てくる。




 実際私は中学の時いじめに合っていた。部活の全員から集団無視され 居心地の悪い部活動だった。
でも ナゼか私は辞めなかった。部活自体もキツいし辞めるって言えばすぐ辞める事は出来たんだろうけど ナゼか辞めるという選択肢が無かった。 ひたすら我慢をしていた。
「親に怒られるから。。」という言葉が1番頭にあったのだと思う。
うちは親がPTAで良く学校へ行っていた。厳しい指導も「運動部なんだから当たり前」くらいの感覚の持ち主だった。だからどんなに自分にとってキツい状況でも 「これが当たり前なんだ」と思っていたんだと思う。


今回電車に飛び込んでしまった子は 先生とのノートに「いじめられている」という言葉を残していた。同じクラスの生徒に聞くと ”いじめっこは居た” ”関わりたくないから遠ざけていた” という声も聞こえたという。
そんな状況で教師が気づかないのもおかしいし どんなに些細な事でも「いじめられている」と発言しているんだから気にとめて親にも家で変わった事は無いかなど聞くべきだったのではないだろうか。
死に場所も決めたという言葉の後に電車に飛び込んで自殺・・・ 何も言っていないわけでは無いのだから 何か手を差し出す機会が沢山あったのではないか。。

なんだか・・・すごいもどかしい・・・胸が苦しい。。

うちの子供らは年齢の幅が広いので 気軽に悩みを打ち明けるような環境では無いかも。
食事中とかテレビでいじめについての事など見かけた時は必ず聞くようにしています。


「周りでいじめは無い? 仲良くやっている? もし何かあったらすぐイイなさいよ。これは約束してね」



いじめはいじめる方もいじめられる方も何かしらの原因があるんだろう。
でも いじめるという行為は絶対許される事では無い。どんな原因があったとしても『

自殺』はね、これからいろんな経験をして成長して行く時間を自分で無くす行為。
今どんなに辛くても この先の時間の方がものすごい長いの。
そりゃ 良く無い事もあるかもしれない。でも良い事がものすごい沢山あるかもしれない。
与えられた人生を自分の人生を途中で断ち切らないで。
大丈夫。絶対周りの人は助けてくれる。
思い切ってSOSを出して欲しい。


関連記事
最終更新日2016-08-25
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply